よくあるご質問

nico設計室

04-2965-9012

〒358-0011 埼玉県入間市下藤沢1062-1 エステスクエア弐番館404

営業時間 8:30〜18:00 日・祝定休

よくあるご質問

よくあるご質問

よくあるご質問

Q

工事期間はだいたいどのくらいですか?

A

設計のご依頼を頂いてから平均10-12ヶ月でお引渡しとなります。 内訳として設計期間が4-5ヶ月。工事期間が5-6ヶ月となります。

Q

プランと見積りは有料ですか?

A

ご希望の坪数や大まかな間取りを決めて建築工事の概算お見積りをご提出するまで無料で対応させて頂きます。 ですが、概算では算出できない特殊なもの(矩計図や高低差による深基礎の図面等)においては、図面を作成しないと見積りが出来ない為、その図面の難易度により、図面作成費を頂くケースがございますのでご了解ください。 概算お見積りご提出後、ご納得を頂いた上で設計契約を結び、引き続き業務を進めて参ります。  

Q

プランの修正費用はかかりますか?

A

基本設計中のプラン変更に対する修正費用は一切発生致しません。 ご納得頂けるまで何回でも修正致します。 ただ、建て主様のご都合で実施設計時に大幅な設計変更が発生した場合においては、 契約内容に基づき、それに掛かった費用を頂く場合がございます。

Q

予算をオーバーしないか不安です・・

A

それは誰しも抱く不安かと思います。 設計事務所で家を建てた場合、建て主様のご予算を無視してウン百万円オーバーしたと言う話も聞いた事もございます。 当事務所ではその様な事が無いように、基本設計時に一回概算見積もりを工務店と共に作成致します。 それに基づいて今後の方向性を決め、ご予算から大きなズレがでない様に設計を進めて参ります。 その際には建て主様にもご要望を制限して頂く事もございます。 新しい住まいの中で何が必要なのか?必要でないのか?優先順位をつけておくと良いでしょう。

Q

工事現場を見にいくことは可能ですか?

A

もちろん可能です。 これから永く住まう家を誰が建てたのか知らない・わからないと言う事は悲しい事です。 せっかく注文住宅で家を建てるのであれば、ご自宅を造っている大工さんや他の職人さんと積極的にお話をしてみてください。「顔の見える家づくり」をしていく事でお互い信頼関係もでき、永く持つ良い家になると思います。 また、壁塗りや塗装など建て主さま自ら係われる工事もございます。 積極的に工事に参加してみてください。人生で一度きりの家づくり。一緒に楽しみましょう!

Q

土地探しからの相談も乗ってもらえますか?

A

不動産仲介会社だけではなく、宅地宅建取引士を持っている工務店さんも仲間でおりますのでご紹介いたします。 気に入った土地がございましたら一緒に見に行く事も可能です。

Q

リフォームやリノベーションをお願いすることはできますか?

A

もちろんお請けできます。 今後も増えていくであろう空き家の問題も有り、リフォームやリノベーションは、今後の住宅業界の主流となると言われております。規模の大小関わらず、どんな些細な事でも対応させて頂きます。 また、中古住宅を購入し、リノベーションをする際に気を付けて頂きたいのが、 S56年(1981年)6月1日以前に建てられた住宅でいわゆる旧耐震基準のまま住宅です。 購入の目安として、 新耐震基準が採用された建築確認済み日がS56年(1981年)6月1日以降になっているか。 S56年以前の建物で旧耐震基準のものあっても、売主が耐震診断を行っているか確認して下さい。 耐震診断を行ったかどうかは、売買契約の前に渡され説明される「重要事項説明書」の記載事項にもなっているので、不動産仲介会社の方で確認可能かと思います。

Q

アフターサービスや保証はどうなってますか?

A

お引渡しの後、「半年」「1年」と定期点検を実施致します。 それ以降も建て主様からの緊急のメンテナンスの依頼やご相談に迅速に対応させて頂きます。 工事の方も迅速に対応してもらう事を第一と考えている為、 担当して頂く工務店さんは建て主様のなるべく近くの方にお願いしております。 設計者・工務店さんと共に「家守り」を通じ、建て主様と永いお付き合いをしていきます。 保証については、住宅瑕疵担保保険制度の登録業者(工務店)に工事を依頼しますので、 工事中の瑕疵保険の検査に合格した後、住宅瑕疵担保責任保証会社が建て主様の住宅を10年間保証します。

Q

注文住宅は価格が高いイメージがあるのですが…。

A

確かに注文住宅は建売住宅や分譲(売り建て)住宅と比べると高いです。 ただ、家族の住まい方によってイチから白紙の状態で世界でたった一つの自分達だけの家を造る事が出来るのが 最大の注文住宅の魅力です。 その夢を実現する為に必要な事として、 ①資金計画をしっかり立てる事。(無理ない返済額でどの位の予算が組めるのか) ②要望の優先順位をしっかり決めておく事。  家づくりはご予算があっての事。ご家族(ご夫婦)で家に掛けられるご予算と見比べ、自分達の今や将来に  何が必要なのか?熟慮を重ね把握していく事が理想の住まいに近づくかと思います。 ③最後に、自分達の要望や夢にとことん付き合ってくれる設計士や工務店さんを探す事。 です。

Q

頭金がなく、住宅ローンを組むのが不安です

A

住宅を買って支払うのは家・土地だけの価格だけではありません。 「諸経費」と言われるものが掛かってきます。 大きく3つに分けると、 ①融資保証料や登記費用、火災保険などいわゆる「融資諸費経費」 ②地盤調査費や改良工事費、外構工事費等と言った「別途工事費」 ③エアコンやカテーン購入費、建築確認申請費・住宅瑕疵担保保証料といった「一般諸経費」があります。 その諸費用分とは大体幾ら位かといいますと、 合わせて物件価格の約15%位だとお考え下さい。 金融機関によってはその諸費用も含んだ形で住宅ローンとして融資してくれる所もあるようですが、 月々の支払いに圧迫しかねないので、諸費用分位は頭金であった方が良いと思われます。

お問い合わせはコチラ

埼玉県入間市下藤沢1062-1エステスクエア弐番館404
営業時間8:30〜18:00 日祝日定休

04-2965-9012

お問い合わせフォームはこちら

下記アドレスからでも承ります。

nicodesgnroom@gmail.com

んなささいな事でも構いません。

住まいの事に対する疑問・質問等ございましたら、

何なりとお申し付け下さい。

img_cb

入間市にあるnico設計室は、新築に自然素材の木を使ってeco住宅をご提案。

新築に木を使うとecoに繋がる住宅になると、入間市のnico設計室は考えています。
大気中の二酸化炭素を木材が取り込んでいます。
木質材料を燃やすので、二酸化炭素が大気中に放出されても、もともと大気中にあった二酸化炭素分なのでCO2発生量をゼロとみなす事ができます。
つまり、光合成で吸収される二酸化炭素量と燃焼時の排出量は相殺できるのです。
それに比べ、化石燃料は、消費されるだけなので、使えば使う程、大気中の二酸化炭素は増えていくのです。
日本の木を使い、確かな大工の腕で造られた家は、定期的なメンテナンスをしっかりおこなえば百年以上持つ家となります。
その期間、二酸化炭素は「貯蔵」されることになるのです。

TOP